お留守番猫と映画

今朝は、一緒に二度寝して、掃除をして
ご機嫌取りをしてから映画に!!

ご機嫌取りは何時もの猫遊び
私が猫になって追いかけたり追いかけられたり...

先ずは低い猫タワーから追いかけるタイミングを計るデュー君
d0140838_23415595.jpg


下からカメラを構えてみると
d0140838_23425886.jpg


暫く遊ぶと仲直りの儀式(?)
d0140838_23433541.jpg


後は一人遊びが始まります。
d0140838_2344018.jpg


こうなると放って出かけてもご機嫌が悪くはならないんですよね♪





タイトル”大いなる陰謀” - Lion For Lambs
演じる人がトム・クルーズ、 メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード... 
そして内容が戦争となると 何となく重いかなって思って
見るのを躊躇してましたが、友人がロバート・レッドフォードが監督する映画を
割と気に入ってるので、見に行く事に!!

で、印象は...行って良かった!! 
内容は重いけれど、でも、今のアメリカの問題を深く上手く描いていたし(他の国にも通じますが)
かなり引き込まれました。 一寸うるっと来てしまったし...007.gif

多分人気が出ない映画だとは思いますが(政治物はなかなか難しいですよね)、本当は大勢に見てもらいたいって思える映画。
そんな気がしました。

登場人物それぞれが、その役柄に合っていた様に思いますし。
何時もは、メリル・ストリープは何を演じてもメリル・ストリープにしか見えなかったり、他の二人もそんな感じなのに、今回はその役柄が合ってるって感じたんです。
監督としてのロバート・レッドフォードはやっぱり良いのかも!(何時も考えさせられたりはしますが)

後、映画とは関係ないけれど、最後のロールを見てて気づいた事が一つ。
トム・クルーズの衣装だけがアルマーニだった事、そしてそれがロールにちゃん書かれてた事!!
なぜかそこだけがやけに目立ったんです。(笑)

友人と後で話してたら、やっぱり友人もそこに目が留まったみたい!037.gif


映画の後は、一寸お茶を飲んで、それから楽しみにしてた食事に!!
これが近年になく不作! と言うか、味もそうですが、サービスが最悪!!022.gif
ハービス・エントの和食のお店 ”笹”・・・
予約した時に確かに”コースは何にされますか?”って言われたけれど、
アラカルトは頼めないなんて聞いてなかったんですよね。
それが、アラカルトを注文して、ワインを飲み始めてから予約を受けてくれたらしい人が来て
”予約の人はコースじゃないと困る!”って。
そんなに混んでるわけでも無かったのに...
通常、注文も受けたら、間違いが有りましたが今回だけはアラカルトでも!ってなるのでは?
って思ったんですよね~。
そのまま一瞬、”じゃ注文やめます!”って出て行こうかなって思ってしまった!
(ちなみに...ここまで怒るのは珍しいんですよっ)

ま、もう二度と行かないから良いけど!!(怒)033.gif

気分直しにヒルトンに...
一階のロビー横のインプレイス。
美味しいワインが有ったし、ホワイトアスパラとキングサーモンが有ったし、サービスも面白かった!!(この表現は可笑しいのかも知れませんが... 爽やかで何となくコミカルだったんです)

こっちは行って良かった!!001.gif

と言う訳で、Totalとしてはまあまあ良い方の一日でした045.gif
[PR]

by dukuM | 2008-04-28 00:01 | ETC. | Comments(2)

Commented by rino-rio at 2008-04-29 18:03 x
R.レッドフォードは好きなので観に行きたいな。
でも政治ものって 英語で観るとファジーな印象になるのよね(笑)

レストランのサービスが悪いと、美味しいお料理も台無しですよね(-"-)
前にコッツウォルズの日本人シェフがやっているカフェに行った時、
ウエイター(日本人のおやじ)のあまりの対応の悪さに頭にきて、
それが顔に出ていたのでしょうけど、そのおやじにいきなり
「怒ってます?」と聞かれて、ぶち切れそうになったことがあります。
ポーカフェースができない私も修行が足りないか…(笑)
Commented by dukuM at 2008-04-29 22:58
☆rino-rioさん
今回のはまだ解り易かったですよ!!
ロバート・レッドフォードは大学教授の役でした。

コッツウォルドにも日本人シェフが居るんですか???
ウエイターの対応が悪いなんて残念です。 日本人の良さはサービスの細やかさでも有った筈なのに。

滅多に外れのお店には行かないので(鼻が利くようです。笑)、今回はショックでした!